このページは工学部 ホームの中の学部長あいさつです。

学部長あいさつ

学部長
荒牧 重登

本学工学部は1962年(昭和37年)に創立され、2012年で50周年を迎えました。現在、機械工学科、電気工学科、電子情報工学科、化学システム工学科、社会デザイン工学科、建築学科の6学科で構成され、在学生約3千人が学んでおります。また卒業生総数は約3万3千人を輩出しており社会の多方面で活躍しております。工学部の教育職員組織は、この6学科と図学教室・資源循環環境グル−プの1教室・1グル−プで構成され、約150名の教育職員が約3千名の学生の指導教育に当たっています。
 工学部教育の基本は、「豊かな創造性と実践に則した応用力を備え、倫理観をもった専門技術者を育てること」です。そのためには、十分な基礎学力に加えて深い専門の科学技術と、幅広い教養を修得する必要があります。この実現のためにわれわれはいろいろな教育支援を行っております。たとえば、教員と大学院生(ティ−チングアシスタント)とが連携した学習支援制度、国際基準のJABEE(日本技術者教育認定機構)教育プログラムの導入、多様なカリキュラムの実施、教育へのIT機器の積極的な利用、社会ニ−ズに対応した教育内容の刷新、演習や実験を通して、基礎理論が十分に理解できるように配慮したカリキュラムの導入などです。また、実験・研究装置などの教育研究設備も充実しており、他大学にない大型で実規模の実験装置なども多くあり、これらの装置を使って最先端の研究を行っております。社会に役立つ優秀な人材を育てるためには、基礎教育システムだけでなく、最先端の研究を行う環境の中で学ぶことも重要です。
 工学部では、平成30年3月に4号館に代わる工学部新棟の建設が完成する予定です。その中に、ものづくり工房の施設を設置します。この工房を利用することで、構想力、デザイン力の養成だけでなく、近年「異分野の人とチームを組んで行動する能力の養成」が求められていますので、総合大学ならではの幅広い交流機会を生かして、文系学部を含む工学部以外の仲間とチームを組んで創作活動を行い、チーム力をも育成できます。
 一方、本学の優れたICT(情報コミュニケーション技術)のインフラを利用し、学生と教員が海外の学生・教員と国際交流(相互訪問も含む)を行うことにより国際的に活躍できるエンジニア育成のためのプログラムも用意しております。
 現在は、工学の学問分野だけでは解決できない問題も多くなってきておりますし、多様化する社会の要求にも応えていかなければなりません。また多様な分野の全体を見通す能力も必要になってきます。そのためには、工学の専門領域にかかわるだけでは不十分で、幅広い知識や視野が必要となります。本学は西日本最大の総合大学です。一つのキャンパスに9学部31学科が集まっています。これほど学部や学科の枠を超えて教育研究を行うための環境に恵まれたところはありません。工学部で学びながら工学部以外の分野の専門家や学生と接し、交流を深めることで、幅広い知識や視野を身につけてください。そして、将来、皆さんが工学の分野や社会でご活躍されることを期待しております。
各学科の研究内容や教育理念、研究分野の概要については、このホームページにリンクした個別サイトで紹介されていますので、是非ご覧ください。


ページのトップへ

Copyright (C) Fukuoka University. All Rights Reserved.