このページは工学部 ホームの中の学科紹介です。

学科紹介

機械工学科では、あらゆる工業生産や機械づくりの基盤となる技術習得を主目標としています。また学問としては、今後さらなる発展が望まれるエネルギーや環境、航空宇宙やロボット等の産業分野への応用を主眼にアプローチ。機械力学や材料力学、熱工学や流体工学などの専門的な理論と知識を学びます。さらに、それらの過程から実践的な情報処理能力や問題解決能力などを身に付け、リーダーシップがあるエンジニアへと養成します。

 

現代社会において必要不可欠なもの。その一つは "電気" であり、さまざまな動力源であると同時に、情報を伝えるもの(電気信号)として、あらゆる産業の基盤を支えています。そのような電気工学系の研究は情報・通信・計測から新素材の開発、環境に配慮した新エネルギーの創出まで広範囲。本学科ではそれらへの発展を意識した学びを基礎から段階的に取り組み、次代の社会が求めるエレクトリカル・エンジニアへと育成します。

 

情報技術(IT)や計算機工学、半導体技術や光技術など、急速な進化・発展を続けるハイテク産業の基盤を支える電子情報工学。本学科ではこれら分野の人材ニーズを踏まえ、"ハードウエア" 領域の電子工学系と "ソフトウエア" 領域の情報工学系、双方の理解を促す教育を展開。通信や放送、ロボット・コントロールなどの分野も視野に入れ、学生たちを「情報がわかる電子工学技術者」あるいは「電子がわかる情報工学技術者」へ育成します。

 

化学システム工学科では、あらゆる工業の基礎・基盤の一つである化学を技術応用の観点からアプローチ。医薬品をはじめとする化学製品の工場等で実際に使用される化学装置の設計・運用に関する基礎理論から、酸性雨等の原因となる窒素酸化物、硫黄酸化物の除去や汚水処理といった環境保全につながる技術まで、システムとプロセスの2コース制により学習。化学が関与する産業の開発や生産工程を支えるエンジニアへと養成します。

 

社会デザイン工学科では、人々が安全かつ快適に暮らすための社会基盤(インフラ)を計画、設計、施工、維持管理するための理論や技術を学習。JABEE(日本技術者教育認定機構)認定のカリキュラムに基づき、都市計画から建築系の構造や材料、環境、景観、地盤、水理に至る幅広くかつ専門的な教育を提供。自然環境の保全や都市景観を踏まえ、次代の社会基盤をデザインしていく、実践力を備えたシビルエンジニアへと養成します。

 

建築学科では "美・用・強" という古代ローマの建築書に記された言葉を胸に刻み込み、建築を幅広くかつ総合的に学習し、建築家(設計士)や建設技術者になることを目指します。ただし門戸は常に広く開かれており、学ぶ動機はデザインやインテリアなどへの広範囲な興味でも良いでしょう。社会や人々のニーズを踏まえつつ、都市や自然との関係性に有益な建築を計画・設計し得るプロフェッショナル・アーキテクトへ、着実に伸ばしていきます。

ページのトップへ

Copyright (C) Fukuoka University. All Rights Reserved.