このページは工学部 ホームの中の基本理念ポリシーです。

基本理念とポリシー

工学部の教育理念と目的

福岡大学工学部は、福岡大学の教育研究の理念「人材教育」と「人間教育」の共存、「学部教育」と「総合教育」の共存、そして「地域性」と「国際性」の共存を踏まえ、「良心に基づいた社会的責任感を有し、時代に即応した判断力と、科学技術をもって社会の持続的発展に貢献する人材を育成すること」を教育理念とする。また、この理念に基づき、「工学・技術に求められる豊かな創造性と実務に則した応用力を育成するために、十分な基礎学力に加えて深い専門の科学技術と、幅広い教養を修得させて調和のとれた人格の発達を促すこと」を教育の目的とする。

 

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

本学部は、人材養成の目的を達成するために、

 

  • 安心して暮らせる安全な社会を工学・技術で実現したい人
  • 環境・エネルギ−問題の解決に取組みたい人
  • ものづくりに興味をもち、実験・実習が好きな人
  • 工学を学ぶに十分な基礎的学力(数学、物理・化学、英語、国語など)を有する人
  • 情報処理とコミュニケ−ションの基本的スキルを有する人
  • 他人の意見を辛抱強く聞ける人

 

で、意欲のある活発で元気な人を求めています。

 

カリキュラム・ポリシー

学んだ教養と専門知識が実社会に生かせるようなカリキュラムを編成します。

 

  • 導入教育と基礎的教育:
      適切な導入教育を行って、大学教育への適応力を増進させる。
  • 1年次の工学基礎教育と教養教育:
      工学基礎と教養の科目をバランス良く配置する。
  • 少人数専門教育:
      実験・実習・卒業研究などを少人数で実施し、丁寧に指導する。
  • キャリア教育:
      先輩との交流、工場見学、インタ−ンシップなどを通じ職業意識を高める。
  • 国際基準のカリキュラム:
      JABEEの学習・教育目標に準拠した内容とする
  • 大学院早期履修:
      4年次に大学院科目の履修を可能にし、大学院との接続教育を行う。
  • 教育マネジメントサイクル:
      教育効果の検証・評価を行って、カリキュラム改善に繋げる。

 

ディプロマ・ポリシー

以下の知識と能力の習得をもって、学位を授与します。

 

  • お互いの文化を認める豊かな教養と、工学・技術の専門知識を有すること。
  • 知識を多面的かつ論理的に組立て、問題解決の方策を見出せること。
  • 情報通信技術(ICT)を有効に利用することができること。
  • 社会の幸福・安全を念頭に、倫理観を持って技術を用いること。
  • 地域社会を支える基盤技術の重要性を認識していること。
  • 継続的に自己啓発ができること。

 

なお、その評価は通常の学習成果と定期試験の結果から客観的かつ厳密に行う。

ページのトップへ

Copyright (C) Fukuoka University. All Rights Reserved.