このページは工学部 ホームの中のニュース & イベント一覧の中の化学システム工学科の八尾 滋教授の研究チームがポリ乳酸の微粒子化技術を確立

ニュース & イベント一覧

戻る

化学システム工学科の八尾 滋教授の研究チームがポリ乳酸の微粒子化技術を確立

2014年 1月29日

 

 高分子微粒子は、化粧品やペイントなどの身近なところで幅広く利用されています。
しかし、そのサイズ的な要因から、ほとんど回収することは不可能であり環境にそのまま廃棄されていました。
 八尾滋教授の研究チームはこれらのことを鑑み、バイオマス由来材料であり、なおかつ生分解性の特性を持つ ポリ乳酸の微粒子を、高分子の結晶化自己組織化を利用することで創製しました。  
 この微粒子は従来の球形微粒子と異なり、カードハウス型の特異的な形状をしており非常に滑らかな手触り感を有していますので、化粧品素材として魅力あるものとなっています。

以上の研究を化粧品原料に提案していくことが業界新聞に掲載されました。

詳細は、八尾研究室のホームページを参照してください。

八尾研究室HPへ

 

 

 


Copyright (C) Fukuoka University. All Rights Reserved.