ホーム>学科紹介>学科アルバム>平成30年度 「先輩と語る-大学と社会-」を開催 (2018/05/17-24)

平成30年度先輩と語る-大学と社会- 開催 (2018/05/17-24)

 平成30年5月17日と24日両日に、1131教室にて平成30年度「先輩と語る-大学と社会-」を3年生前期講義「キャリアデザイン」内で併催しました。

 「先輩と語る-大学と社会-」は、福大生ステップアッププログラムの一環であり、業界の第一線で活躍している学科の卒業生と現役学生(大学院生)が、昨今の建設業界をはじめ、就職活動の体験談や働くことについて大いに語り合う場であり、現役学生の今後の進路に資するイベントでもあります。

 今年度は、5月17日に国土交通省九州地方整備局勤務の梅ア健史氏(H21年大学院修了)と大日本コンサルタント葛ホ務の萩尾愛子氏(H27年大学院修了)の2名、24日には五洋建設葛ホ務の宇野慎一氏(H24年大学院修了)と学科同窓会である福陽会の役員をお迎えし、有意義な話題と後輩たちへのアドバイスがありました。
 

5/17の講義風景

 

萩尾氏の講演.

梅ア氏の講演.

 

5/24の講義風景

宇野氏の講演.

 

福陽会役員による座談会.

▲ ページトップ

福岡大学 社会デザイン工学科