直線上に配置

研究内容

フレーム

更新 2012.12.04


 当研究室では、「21世紀に向けた環境配慮型の土木分野への挑戦」をテーマに、環境問題、中でも「廃棄物の埋立処分」を 中心に研究を行っています。廃棄物を安全に効率よく埋立処分し、早期に埋立跡地利用を可能にするため、埋立地における 浄化機能の改善を念頭に、廃棄物の発生量及び質の把握、廃棄物関連施設の見学、フィールド調査、実験を主体としつつ、 コンピューター解析に至るまで様々な研究活動を展開しています。
 最近では、イタリアPadova大学、中国清華大学との学術交流協定を締結するなど、国際協調体制の構築を目指しています。 廃棄物分野での国際協力にも大きく貢献しており、諸外国から見学や共同研究を行うための訪問者が多くなってきました。

1. 廃棄物埋立
微生物環境・有害物質を考慮した埋立工法の検討
Key Words: 埋立地の構造・安定化・微生物・浸出水量・埋立実験 etc.

2. 廃棄物管理
廃棄物の排出特性の解析および管理手法の提言
Key Words: 資源回収・GPS・GIS・組成分析 etc.

3. 環境汚染
環境汚染物質の挙動解明および修復法の検討
Key Words: 水銀・ダイオキシン類・実フィールド・土壌 etc.

4. リサイクル
廃物の再資源化技術の開発
Key Words: 使用済み紙おむつ etc.


研究室紹介パワーポイント





前のページに戻る