ホーム>トピックス一覧>平成28年度土木学会西部支部研究発表会

平成28年度土木学会西部支部研究発表会

 きたる2017年3月4日(土)に、佐賀大学本庄キャンパスにて、平成28年度土木学会西部支部研究発表会が開催されます。当学科から学部生、大学院生及び教職員が、講演者・座長として参加します。全62編投稿しています。(土木学会は、社会デザイン工学科における主幹学会です。)

 

  論文
番号

講演題目

発表者氏名 学年
(身分)
所属研究室
学生 I-2
FEMによる木材のせん断試験に用いる鋼製ジグの再評価と改良法の提案
松元 将太 学部4年 橋と耐震システム
II-9
那珂川水系若久川流域東若久校区を対象とした水害避難ガイドブックの作成と活用法に関する研究
石田 詩乃 学部4年 流域システム
II-10
都市域における地下浸透を考慮した流出抑制対策に関する研究
鴇田 浩子 学部4年 流域システム
II-47
樋井川流域田島地区を対象とした都市河川における水循環に関する研究
田代 純太郎 学部4年 流域システム
III-2
回転式破砕混合工法による低品質な建設発生土の改良手法の検討-解砕粒径が強度に及ぼす影響について-
近松 周平 修士1年 道路土質
III-3
竹チップ混合解きほぐし締固め土の靱性効果の検討
村尾 勇成 学部4年 道路土質
III-4
オンサイト安定化促進技術を用いた一般廃棄物焼却主灰の盛土材料としての検討
長谷川 遼 学部4年 道路土質
III-6
新しい固化材を用いた土系舗装の材料特性の検討
紫牟田 雅之 学部4年 道路土質
III-7
フェロニッケルスラグ混合土の材料特性
福味 尊 修士1年 道路土質
III-19
密度の異なるマウンドでエージング処理した焼却主灰の力学・溶出特性
平川 裕也 修士2年 道路土質
III-21
上向流カラム通水試験を用いた石炭灰混合材料の環境影響評価
池田 哲朗 学部4年 道路土質
III-28
再生二水石膏とPS灰を用いた中性化固化材の開発に関する実験的検討
廣松 南美 学部4年 道路土質
III-39
引張力で抵抗する斜面安定工の設計指針の策定に向けたFEM解析による背面すべりシミュレーション
今井 晴輝 学部4年 橋と耐震システム
III-46
熊本地震前後における降雨による土砂災害の発生状況の変化
松本 晃陽 学部4年 レジリエント防災
III-53
液状化ハザードマップに利用するメッシュサイズの検討
平田 涼太郎 学部4年 レジリエント防災
III-54
益城町秋津川周辺の地盤の特徴について
寺田 陽 学部4年 レジリエント防災
III-56
平成28年熊本地震で生じた前震・本震による液状化地域拡大
松野 雅 学部3年 レジリエント防災
III-57
平成28年熊本地震における液状化噴砂の物理的特性
山田 康平 学部4年 レジリエント防災
III-59
阿蘇谷における平成28年度熊本地震液状化マップの作成
大塚 柚人 学部4年 レジリエント防災
III-63
竹林の繁殖状況に着目した豪雨時の斜面崩壊メカニズムの検討
高口 拓也 修士2年 道路土質
III-64
豪雨時の斜面崩壊における竹林根茎網のモデル化の検討
松尾 雅伸 学部4年 道路土質
III-79
常総市における地盤沈下に与えた地震の影響について
高本 泰規 学部4年 レジリエント防災
III-88
腐朽を考慮した竹チップ混合固化処理土の材料特性
米丸 佳克 修士2年 道路土質
III-92
短繊維混合土の液状化挙動に及ぼす細粒分含有率の影響
堀 哲巳 学部4年 道路土質
III-98
海面埋立処分場におけるタイヤチップ敷設手法の検討
相原 拓哉 学部4年 道路土質
III-99
海面埋立処分場におけるタイヤチップを用いた遮水層保護手法の検討
山本 秀平 学部4年 道路土質
III-100
種々の暴露条件下におけるスラリー型石炭灰混合材料の耐久性の検討
豊永 麻依 修士1年 道路土質
III-102
乾湿繰返し試験を用いた石炭灰混合材料の耐久性予測手法に関する研究〜W/Cを考慮した実験式の検討〜
梅田 真志 修士2年 道路土質
III-103
ジオテキスタイルを用いた道路の耐久性向上に関する実験的検討
石原 好恭 学部4年 道路土質
IV-20
車道走行する自転車が自動車の走行速度に及ぼす影響に関する研究
-ドライビングシミュレータによる室内実験-
田代 太貴 学部4年 交通都市システム
IV-21
下校時の小学生の路上活動機会の推定とそれを担保し得る道路構造の特性把握
佐藤 裕季 学部4年 交通都市システム
IV-34
地方自治体による地域公共交通運営の実情に関する研究
河野 麻耶 学部4年 交通都市システム
IV-35
天神地区における子連れ家族の移動特性に関する研究
伊藤 航平 学部4年 交通都市システム
IV-51
被疑者調書からみたコンビニ強盗の犯行特性と防犯施策に関する研究
穴見 健大郎 修士2年 景観まちづくり
IV-55
Connectedness論からみた中心市街地活性化基本計画区域の評価に関する考察
前田 夢 学部4年 景観まちづくり
IV-61
農村における被災した石積みの復旧実態と保全に関する基礎的調査
東郷 浩樹 学部4年 景観まちづくり
V-14
即時脱型コンクリート製品の配合および白華抑制に関する検討
市山 大輝 学部4年 土木材料
V-17
亜硝酸リチウム添加モルタルの中性化抑制機構に関する基礎的研究
山田 正健 学部4年 レジリエント防災
V-22
けい酸塩系表面含浸材と反応促進材の併用による劣化因子の抑制効果に関する研究
山田 浩嗣 学部4年 レジリエント防災
V-24
早強ポルトランドセメントに各種混和材を用いたコンクリートの塩化物イオン浸透特性に関する研究
森 裕介 学部4年 レジリエント防災
V-27
ひび割れ補修の先行注入剤としての亜硝酸リチウム防錆性能に関する研究
久保田 崇嗣 修士1年 添田研究室
(大学院)
V-33
材料及び配合条件がプレストレストコンクリートの充填性に及ぼす影響
鹿江 史浩 学部4年 土木材料
V-34
MPS法を用いたシース管におけるグラウトの充填性の解析
高木 雅治 学部4年 橋と耐震システム
V-35
コンクリートのポンプ圧送性改善剤に関する検討
北野 潤一 学部4年 土木材料
V-36
振動加速度計での計測位置を考慮した圧送性の評価
竹山 博之 学部4年 土木材料
V-37
保水性を有するインターロッキングブロックの防藻対策
瀧本 拓也 学部4年 道路土質
V-40
石炭灰のアスファルト混合物フィラー代替材としての有効利用の検討
山下 貴弘 学部4年 道路土質
V-43
スマートフォン内の加速度センサーを用いた路面性状評価に関する検討
中牟田 慎一朗 学部4年 道路土質
V-44
廃タイヤ焼却灰を添加したアスファルト混合物の紫外線劣化抑制効果
西 将太郎 修士2年 道路土質
VII-7
水生昆虫を指標とした室見川の河川環境特性の把握
倉石 ひかる 学部4年 流域システム
VII-9
有明海における福岡大学・長洲町干潟再生工法の適用可能性に関する検証
小野 隆也 学部4年 流域システム
VII-10
長洲町干潟におけるフルボ酸鉄シリカ資材投入によるヘドロ浄化効果の検証
成清 圭哉 学部4年 流域システム
VII-12 樋井川の大規模河川改修がシロウオの遡上に及ぼした影響 富松 勇太 学部4年 水工学
VII-13 長洲町干潟におけるフルボ酸鉄シリカ資材投入に伴うアサリの生息量回復に関する実証実験 山田 哲巳 学部4年 流域システム
VII-14 マイクロコズムを用いたフルボ酸鉄シリカ資材による干潟再生効果の検証 保坂 拓哉 学部4年 流域システム
VII-15 裂田溝を対象としたPHABSIMを用いた希少魚類の生息場回復に関する提案 松本 蓮 学部4年 流域システム
VII-36 リンの収支から見た大濠公園池における水質改善効果の検証 岡部 裕斗 学部4年 流域システム
VII-42 雨水タンクおよび雨庭の実装によるグリーンインフラの多面的機能の検証 吉田 由佳子 学部4年 流域システム
VII-44 家庭用雨水貯留タンクの材質による水質への影響把握に関する研究 中西 拓己 学部4年 流域システム
VII-45 雨水利用実験住宅の雨水活用実態と水害抑制効果の検証 今長谷 茉里 学部4年 流域システム
VII-46 個人住宅における雨水活用に伴う雨水流出抑制効果の検証 美川 慎吾 学部4年 流域システム
教員 I-32 支点移動に着目した石造アーチ橋の構造安定性に関する基礎的研究(その3) 今泉 暁音 助教 構造力学
座長 II セッション「II-1〜II-8」 座長 林 義晃 教育技術
職員
水工学
III セッション「III-69〜III-75」 座長 藤川 拓朗 助教 道路土質
IV セッション「IV-1〜IV-8」 座長 辰巳 浩 教授 交通都市システム
VII セッション「VII-1〜VII-6」 座長 伊豫岡 宏樹 助教 水工学
VII セッション「VII-19〜VII-26」 座長 鈴木 慎也 助教 水理衛生工学

▲ ページトップ

福岡大学 社会デザイン工学科