ホーム>トピックス一覧>松藤教授最終講義

松藤教授の最終講義を開催しました

 さる平成30年3月10日(土)14時より513教室において、今年度で退職される本学科松藤康司教授の最終講義を開催しました。松藤教授は48年間の長きに渡り、社会デザイン工学科(旧土木工学科)のみならず、「福岡方式」と呼ばれる埋立構造の研究開発をし、国内外問わずその技術移転にも大変ご尽力いただきました。最終講義には、在学生からOB・OG、 国内外の共同研究者など、約200名を超える方々が聴講されました。大変お疲れ様でした。

 

 

  ▲ ページトップ

福岡大学 社会デザイン工学科