建築学科の概要・方針

概要

建築学科は,美しく,快適かつ安全で,豊かな建築空間・都市空間を創造し,社会的・技術的ニーズに適切に 応えられる建築技術者を育てることを目標とします.
そのための基礎学力や高度な専門能力が身に付くよう,建 築学科の教育課程は,学生の個性と将来目標に合わせた三つのコース,広く建築界で活躍できるための総合的な 知識と視野を培う総合コース,建築および空間デザインの専門家を目指して学ぶ設計・計画コース,構造設計と 構造技術の専門家を目指して学ぶ構造コースを設定しています.どのコースも最新の研究成果を取り入れ,地域 と連携しながら,社会の変化や技術の進化に対応する教育を目指しています.

建築学科の学習・教育目標

建築学科の教育理念は,「建築技術者としての十分な基礎学力を身に付け,高度で実践的な専門性を獲得すると同時に,調和のとれた教養を有する人格の形成をはかり,社会において指導力を発揮して,幅広く活躍・貢献できる人材を地域と連携して育成することをめざす.」にあります. この理念に従い以下の三つの学習・教育目標を掲げています.

  • 社会貢献・地域連携
    社会において指導力を発揮して幅広く活躍・貢献できる人材を地域と連携して育成する.
  • 基礎学力の充実
    建築技術者としての十分な基礎学力を身に付ける.
  • 高度で実践的な専門性と調和のとれた教養を有する人格の形成
    高度で実践的な専門性を獲得すると同時に,調和のとれた教養を有する人格の形成を図る.

三つの方針(ポリシー)

これらの教育理念と学習・教育目標に沿った教育を実現するために,本学科では以下の三つの方針(ポリシー)を設定しています.

  • アドミッション・ポリシー:入学者受け入れの方針はコチラ
  • カリキュラム・ポリシー:教育課程編成・実施の方針はコチラ
  • ディプロマ・ポリシー:卒業認定・学位授与の方針はコチラ