教授
吉澤 幹夫(構造)
木村 潤一(構造)
黒瀬 重幸(計画)
古賀 一八(構造)
堺 純一(構造)
須貝 高(環境)
高山 峯夫(構造)
太記 祐一(計画)
趙 翔(計画)
准教授
池添 昌幸(計画)
助教
石田 卓(環境)
倉富 洋(構造)
本田 悟(材料)
宮崎 慎也(計画)
森田 慶子(構造)
李 文聰(構造)
四ヶ所 高志(計画)
西野 雄一郎(計画)
田中 照久(構造)
松永 一郎(計画)
助手
岡部 省吾(環境)
教育技術職員
安藤 勝利
石橋 宏一郎
アルバイト
原口 奈美
松本 由美
安田 知保美

吉澤 幹夫 教授

専門分野

2017年4月1日付で着任しました.建築構造学を専門としています.前職は建築の総合組織設計事務所にて33年間にわたって構造設計の実務に取り組んできました.あらゆる構造種別の建築物,また様々な用途の建築物の設計を担当しました.超高層建築や免震建築など大臣認定を要する建築物の設計も多数担当しました.さらに耐震改修などのリノベーションも多数担当しました.建築の構造設計では,強・用・美を兼ね備えた質の高い建築を社会性と経済性を考慮して,意匠設計・設備設計と協働して造り出すことを目的としており,多岐にわたる建築構造学の専門分野の知見を集約し,総合的に捉えて的確な判断を行うことが求められます.建築の構造設計の実務で培ってきた知識と経験を,専門性と総合性を統合した教育と研究に昇華して活動していきたいと考えています.

研究内容

安全で安心な建築空間を創造する構造設計に関する実践的な研究
  • 超高層建築の構造技術に関する研究
  • 大スパン建築の構造技術に関する研究
  • 高強度鋼の利用技術に関する研究
  • 構造損傷モニタリング技術に関する研究

木村 潤一 教授

専門分野

 建築学は通常、建築計画系、建築環境系、建築構造系の3つに大別されます。この内、私の専門分野は三番目の建築構造系における建築構造学です。これは、建築物を自重や常時荷重、さらには地震、台風、積雪といった過酷な自然条件に対して,経済的制約の中、力学的に如何に設計すればよいかを研究する分野です。木構造,鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造などの構造種別ごとに,柱材,梁材,基礎,柱脚,接合部といった部位の研究,接合法の研究,骨組全体の挙動の研究,あるいは異種構造を用いたハイブリッド構造の研究,などなど,研究内容は多岐に渡ります。力学上のメリットだけでなく,経済上,施工・管理上,設計・計画上のメリットも期待できるフレキシブルな構造システムが求められています。

研究内容

  • 建築構造部材・骨組の構造性能に関する研究
  • 新構造システムの開発研究

黒瀬 重幸 教授

専門分野

私の場合、建築設計をめざすことからすべてが始まりました。その後、ヨーロッパの都市空間の魅力にとりつかれ、文部省在外研究員としてオランダに滞在した時、都市や建築は、その地域の文化の一つとして存在し、人々の生活と共にあることを実感しました。現在のテーマは、これまで空間軸とらえられてきた都市や建築を時間軸でとらえなおすことといえるでしょう。そこには、人間がどのような生き方を望み、どのように行動したいかを見出し、都市や建築空間に実現していくという大きな課題があると思います。具体的には、中心商業地における歩行者行動モデルの研究や、日米欧の都市に住む人間の一日の行動パターンの比較研究、日本や韓国、インドネシアなどアジアの地方都市の研究などに取り組んでいます。

研究内容

  • 歩行者の属性に基づいた買物行動モデルの研究
  • 空間相互作用を用いた歩行者流動モデルの研究
  • 日本、韓国、インドネシアの地方都市の土地利用基本構想立案支援のためのエキスパート・システムの研究(九州大学と共同研究)
  • 英国、オランダ、カナダ、アメリカ、日本の都市における人間の時間消費傾向に関する研究(オランダ、アイントホーフェン工大と共同研究)
  • 地域計画の視点からみた九州とオランダの比較研究

堺 純一 教授

専門分野

建築物の設計デザインは,見て美しく,居て快適な空間を創造することですが,まず安全な建物を創ることが重要です.建物の安全性について検討するデザインを構造設計と云います.1995年に神戸市街を襲った兵庫県南部地震(阪神大震災)のような非常に大きな地震が起こると建物は大きく揺すられます.建物の耐震性能が地震のエネルギーに耐えられない場合には大きな被害を受け,不幸にも倒壊することもあります.特に,日本は世界でも有数の地震国家であるため,建物の構造設計は必然的に耐震設計にウエートが掛けられます.建物には木造や鉄筋コンクリート造および鉄骨造など,いろいろな構造があり,それぞれ異なる構造性能を持っているので,これらの材料や構造の長所と短所を含めた特徴を掴んで設計することになります.本研究室では,異なる材料や異種の構造をいろいろと組合せたハイブリッド構造の設計法に関する研究を行っています.お互いの弱点をお互いの長所で補い合い,お互いの長所をさらに引出す構造とすることで,RC造や鉄骨造などの既存の構造ではできない,より合理的で,より優れた耐震性能を持つ建築物の新しい構造設計法の可能性について調べています.

研究内容

  • 省力化と高耐震性を目指した鋼・コンクリート合成構造の開発研究
  • 地球環境負荷軽減を目指した各種ハイブリッド構造の開発研究
  • 鉄骨鉄筋コンクリート構造の構造性能評価法

須貝 高 教授

専門分野

住宅は通常、体の抵抗の少ない赤ちゃん、おばあちゃん・おじいちゃん、妊産婦の方々が長時間生活します。そうすると冬は寒いために血圧が高くなり、脳卒中の病気が出てきたり、梅雨季にはカビやダニ等の有害な生物が繁殖します。それらは抵抗力の少ない方の体の中に侵入してきます。一方では夏の暑さが強くなり、それらに対して抵抗力の少ない方が熱中病になってきます。以上のような様々な問題に対して住宅をどのような性能で作っていくのかなど大きな問題です。それらを真正面から取り組んで、本格的に実験を行ったり、合理的な施工法を創意工夫しながら検討しています。

研究内容

  • 蒸暑地域に対応した本格的な住宅のあり方

高山 峯夫 教授

専門分野

 通常、建物は基礎を介して地面に固定されています。この状態では、地震の揺れ(地震エネルギー)が直接建物へ伝わるため、建物は大きく揺すられることになります。地震のエネルギーをより効率的に吸収することができるように建物の中に特殊装置を配置した構法が制震構法です。耐震・制震構法と異なり、地震の揺れを直接建物に伝えないようにする免震構造という新しい建築技術があります。地震の揺れから建物を絶縁するために、建物の基礎部分に特殊な装置を設置し、この部分で地震のエネルギーを全て吸い取ってしまうようになっています。免震建物は大地震時にも建物が損傷を受けることもなく、建物の中にいる人達の恐怖感や家具の転倒なども防ぐことができるため、住宅、医療施設、防災施設などに最適です。

研究内容

  • 耐震・免震・制震構造の地震時挙動に関する研究
  • 積層ゴムアイソレータやダンパーなどの免震部材に関する研究
  • コンピュータを使った部材の挙動解析に関する研究

太記 祐一 教授

専門分野

 大昔から現代までの長いあいだに世界中にたてられた建物すべてが、建築史の研究対象となります。もちろん一人ですべてを研究することは無理なので、一人ひとりは大変狭い範囲を専門に取り扱うことになります。私の場合、キーワードをあげれば東地中海、中世、都市、宗教でしょうか。最初は世界遺産にもなっているイスタンブルのアヤソフィアと呼ばれる教会からスタートしました。そしてギリシャやトルコなど東地中海一帯に残る教会、特に9-12世紀の教会建築(つまり中期ビザンツ教会建築)へと対象を広げていきました。私の研究の目的は、残っている建物だけでなく記録など建築以外のものもできるかぎり使って、当時の人々の生活の中で建物が実際にはどういう役割を果たしてきたのか、をあきらかにすることです。ところで近年は浮気心(?)も出てきて、イタリア進出を夢に見ながら、南トルコはゲミレル島に残る6世紀の都市遺跡の調査に参加したりもしています。

研究内容

  • 東地中海の港湾都市遺跡に関する研究
  • ビザンツ帝国における建築文化と宮廷儀礼の相関関係に関する研究
  • 東方正教世界における教会建築と宗教儀礼の相関関係に関する研究
  • コンスタンティノープル(現イスタンブル)の都市構造の変遷に関する研究

趙 翔 教授

専門分野

建築創りに対する歴史がもっとも古い学科の一つとされる建築学。そのフィールドはすでに前人の手による丹念な耕耘が繰り返されてきました。これまでの経験からも分かるように、建築について「教える」ことはもはやすべてではなくなり、「対話する」ことはもう一つ重要な手段であると考えています。なぜなら、建築物の設計においては、たった一つの解答を求めるというより、いくつかの相対的な答案が出てくるのが普通ですから。これは私が建築教育に対する一般的な考え方です。当然、「考える」ことも大変重要ですが、世界の万物が私たちの気ままな想像によって自由に組み立てられます。社会性や機能性や美しさや面白さ等融合した建物はもっと深い意味を持っているのではないでしょうか。  長い間に建物の設計と研究をしてみて、建物の設計には二つの設計があるように思います。「描く設計」と「書く設計」です。例えば、「描く設計」は現在のコンペに相当します。「書く設計」は現在のプロポーザルに相当します。今日、プロポーザルのウエイトが高まってきています。多様な視点で調査・研究・分析し根拠を明確にしながら、デザインを進めて行くことが大切だと考えています。

研究内容

研究の専門領域は建築計画の分野ですが、主な研究内容は、医療施設の計画、人間行動と領域関係、領域(空間)の規模、FM(ファシリティ−・マネージメント)的デザイン、大規模商業・芸術文化・エンターテイメント複合施設の総合開発・・・・・・等です。

連携研究

  • 大学・企業と連携し、共同研究を行っている。
     テーマ 「医療福祉空間環境に関する総合的研究」
  • 地域のNPOと連携し、地域の生活環境を向上するための研究を行なっている。
     テーマ 「地域社会の街づくり」
  • 各国の研究者と連携し、国・地域範囲の人工環境課題を検討している。
     テーマ 「健康促進施設の資源とデザイン」

池添 昌幸 准教授

専門分野

建築デザインは、きわめて多様な条件を整理した上で建築像を構想し、建築空間として具象化する行為です。建築計画学は、人間の生活を原点とした利用者が使いやすい建築空間の法則性を明らかにし、建築デザインの実践に役立てるものです。特に、都市の中の居住空間について研究しています。  建築デザインを良くしていくためには、プレデザイン−デザイン−ポストデザインからなるデザインプロセスの構築が不可欠です。ポストデザインではデザインの事後検証を行い、その成果が次のデザインへの指針となります。建築計画研究は使われ方調査という客観的な検証によって社会的にポストデザインを行っています。利用者の生活と空間の対応関係を調査分析し、得られた研究成果を使いやすい建築物の平面型や計画技術へと発展させ、建築デザインに活用することを目指しています。

研究内容

  • 郊外住宅地を中心とした持続型居住に関する研究
  • 地球環境時代における建築デザインの評価に関する研究
  • 既存公共建築物の有効活用に関する研究